ムーンライトを観たので感想を書いた

「ムーンライト」を観てきました。

公開最終週(場所によるかもだけど首都圏だと多分今週末までのところが殆ど)のレディースデーに滑り込みで。

GW初日からこんな空気の重い映画観にくるヤツ居るのかと思ったけどほぼ満席。直前まで買い物に夢中になってたせいで席に着いた時にはもう新作映画の予告が始まってたから客層はよくわからなかったけど、私の両隣はそれぞれ一人で観に来たおじさんとお姉さんって感じだったかな。おじさんポップコーンめっちゃ食べてた。

映画には全く詳しくないもので、なんかアカデミー賞を獲ったらしいということはぼやっと記憶していたものの何部門の賞なのかも知らないまま、あとは思慮深い友人の「観た方がいいよ」の一言に導かれての鑑賞となったのだけど、観て良かったです。

※以下ネタバレ含※




アカデミー賞だからきっとそれなりに派手な展開なり表現があるのだろう、とこれまた雑なイメージのまま観始めて、終演後最初に思ったのは、一人の黒人男性の、ごく普通の人生を丁寧に描いた作品だったなぁということ。

幼い少年時代、思春期、そして大人の男性としての生き様が三部構成で描かれていて、たしかに人種やLGBTにまつわる差別問題、麻薬コミュニティの描写には注力していたし、それらがこの作品を語る上で重要なキーであることには違いないけど、それでも、画面の中にあったのはあくまでも一人の人間が生きた生々しい現実でしかなくて、当然、ファンタジーでも英雄伝でもなかった。

主人公のシャロンが惚れる友人の男の子も全然かっこよくないんだけど(主観)、またそのかっこよくなさと、それでもシャロンが彼を見る目が他と明らかに違う様子を見て、「惚れた者の弱み…」と思いながら妙なリアリティを感じてグギギとなりました。

話の筋はちっとも明るくないのに、ひとつひとつの描写に対する誠実さを常に感じていたせいか、全体を通して穏やかな心で受け入れられた気がする。

基本的に暗くて重い空気が充満したストーリーだけど、シャロン防空壕だったフアン・テレサ家のシーンは大好きだった。この作品のなかで唯一、心の安定を感じるシーンだと思う。
フアンがあまりにも早く画面から消えてしまったのは悲しかったけど、テレサは最後まで最高の女神だった。第2部で不貞腐れて口をきかないシャロン青年に言い放った彼女の家のルールがすごくすごく好きだったなー。

余談ですが、この映画にジャネール・モネイ(=テレサ)が出てるって知らなくて、出てきた時かなり驚いたんだけど、咄嗟に名前が出てこず、結局映画が終わるまでモヤモヤし続けてしまった。
「なんだっけ、ギル・スコット・ヘロン…?」と一度間違った答えに辿り着いてからは考えるのを諦めたけど、ギル・スコット・ヘロンは男性ですね。

あとあとやっぱり、私は個人的に親子愛に関する描写にどうしても弱いので、シャロンと母親のやり取りはずっと胸が苦しかったです。
無償の愛ってきっとあるんだろうなと思ってるんだけど、それを例えば親子間で見た時、何を理由にしたらいいのかはよくわからないんだよね。血の繋がりってなんなんでしょう。。


というわけでまとまりもまとめる気もないままダラダラと書いてしまいましたが、とにかく深い深い余韻のある作品でした。
おかげで2年半ぶりにブログ書いちゃったりしてね。ていうか2年半ってマジか。。

次は何年後だろう、それか明日かな。

最後に、この映画を進めてくれた友人からあわせて勧められて、発売当時しばらく聴いてたけどまたじわじわ再燃してる音楽をば。

(No One Knows Me) Like the Piano

(No One Knows Me) Like the Piano

  • サンファ
  • エレクトロニック
  • ¥250
こっちもいいよ

めも

良いものを沢山見て、触れて、その場の空気をめいいっぱい吸い込んで、

そうやって、背筋がシャキンと伸びる感覚をもっと味わわないといけないなと、父の誕生日プレゼントを選びに大好きなお店で物色する最中ふと思いました。


無くても生きていけるもの・ことの中に転がってる心を豊かにするあれこれが私はとても好きです。


最近気になるあれこれ

①スムージー
小さい頃からアトピー持ちで、通院したりやめたりを繰り返しつつ今もぼちぼち症状と付き合っている。

乾燥の季節ということもあるんだろうけど特にここ一週間くらい症状が酷くて、口の周り、顎から首、肩にかけて、それから両腕が真っ赤。真っ赤なんだけど肌が乾燥して白く浮いてるところもある。
見栄えがよくないし、とにかく痒いし、なんとかしたいなぁとサークル時代のお料理上手な先輩に相談したら「朝スムージー飲もう!」とのアドバイスをもらった。

調べてみると簡単そうだし美味しそうだし、ダイエット効果もあるようだし(わーい)、栄養を摂ってるっていう確かな実感と共に楽しく続けられそう。
(なんというか、回りくどいものは途中で飽きてしまっていつも続けられない……サプリメントとか。)

ということで早速スムージーメーカーをポチ。

明日届くらしい〜。楽しみだな。

「肌の悩みならアボガド入れて作るといいよ」とのことだったので、アボガド入れてフルーツたくさん入れて作ろう。わくわく。

アトピーの話に戻るけど、色々調べてたらアトピー患者が身体を掻いてしまって傷をつくることについて「掻き壊す」っていう表現がしてある文章を幾つか目にして思わず顔をしかめてしまった。
肌の細胞を掻き壊す。
やだなぁ。まぁその通りなんですが。

取り急ぎスムージー生活、はじめます。


②ohta
TwitterでTLをぼーっと遡っていたらこんなツイートを見つけた。

ohta、すっかり忘れていたけど、いつだったかネットで見て一目惚れしたブランドが載っていた。

うーん、改めて見てもやっぱり可愛い!
生地が分厚くぼてっとしてて、でも全体的にシャープで形もシルエットも綺麗。
色もとても好みです。あー、いいなぁ。


f:id:j_uliiie:20141010120024j:plain
かわいいかわいいよ。

f:id:j_uliiie:20141010120846j:plain
飛んでるよかわいいよ。

f:id:j_uliiie:20141010121316j:plain
これ、男の子が着てるやつ好き。


しかしいいお値段するのでそんなポイポイ買えるものではなかったりする。
お金貯めよー。


③文通
嬉しいことに今週だけで三通、友人たちから葉書が届いた。
プチ文通ブーム。

うちは引越しの多い家庭だったので、去った土地の友人と手紙を送り合うというのは高校、大学の途中くらいまでいろんな子とちょくちょく続けていたけど、まともに誰かに宛てた文章を書くなんてもうここ数年してなかった。
あ、誕生日カードはたまに書いてるな。

東京都内で、会おうと思えば一時間以内に会える距離にいる友人たちとの手書きのやりとりは新鮮。それにちょっとむず痒い。

内容も分量も人それぞれで、その人の新たな一面を確かめるように何度も読み返してしまう。

へへー、楽しいね。


あと、郵便受けをチェックするのが楽しくなりました。感謝!



というところで、ほなまた〜。

また近いうちに。笑

12.29

年末ですね。もうあと数日で2014年・・・

 

この一年を振り返ってみようかなあと思ってブログに取り掛かったのですが、

早速気分が乗らなくなったので取り急ぎ京都旅行の話でも。

 

 

一昨日、昨日の二日間、京都に行ってきました。小学校5,6年生の頃同じクラスで現在京都の大学院に通っている友人に会いに。

 

楽しかったです。昔は少年漫画・少女漫画を部屋の壁一面の本棚が埋まるほど集めていた女の子が今ではカピバラさん収集に精をだしていたり、昼ドラみたいな恋愛遍歴をこの数年でこしらえていたり。(彼女の話の中で「包丁」っていう単語が出てきたのはさすがに怖かった)


時は流れるものですね。そりゃそうか。もう知り合って13年…

 

f:id:j_uliiie:20131229143102j:plain

部屋に溢るるカピバラさんと友人N氏。

左側の大きい薄紫のやつが一番のお気に入りで、「リーゼントくん」というキャラクターなのだそうです。カピバラさんじゃないんだ。

 

その昔私が彼女につけたふざけた渾名が未だに生きている、というか彼女の今のコミュニティでもその呼び方が主流なのだそうで、嬉しいやらちょっと申し訳ないやらでした。

 

たっっくさん喋ったなあ。付き合いの長さ、というよりは今現在の距離感のせいかな、この一日が終わったらまたお互いの生活(=双方に関わりが一切ない、影響もしない)に戻ると思ったら、なんかあれこれと。

ちょっと喋りすぎたかな。笑

 

 

二日目は一人で京都をぶらり。

インスタグラムで知り合った京都在住の方がご親切に京都観光プランを立ててくださったので、ほぼそれに従って一日満喫してきました。助けられてばかり・・・みんな優しい・・・

 

観光客はほぼ間違いなく行かなさそうな住宅街を練り歩いて素敵なカフェに行き着いたりして。

http://instagram.com/p/ic9NAfoLe4/

 

 

 

久しぶりの一人旅でした。去年の夏に直島行って以来だなー。

直島の時はたしか3泊くらいして周辺の島と倉敷を転々としたのですが、結局3日目くらいから寂しくなってしまって予定よりもだいぶ早めの新幹線で東京に戻ったのでした。

懐かしい。一人も好きだし楽しいのですがなんだかんだ寂しがりだとその時に気づきました。人間だものー

 

 

冬の京都は空気が澄んでて気持ちよかったです。初雪も拝めた。

やらねばならないこと、考えなければならないことを京都駅に降り立った瞬間に一時停止ボタン押して無視するようにしてたので二日間はかなりのんびりできました。

 

帰ってくるなり、というか東京駅につくなり現実が待ってたりしてちょっと苦しかったりしたのですが笑、まあ仕方ないなあという感じ。でした。

 

今日からまたがんばるぞー

 

というわけでブログ休憩は以上です。

ほいではまた。

 

2013年の振り返り、しようかなあ。できたらいいなあ。

 

 

12.25

ソワソワしているうちにクリスマスが終わってしまいそうです。

 

これといった予定が無いのはまだいいとしても、わざわざ街中のお祭りムードに背を向けて歩くのもなんだか悔しいので、とりあえずケーキを食べました。

 

http://instagram.com/p/iVaZxgoLYT/

 

喫茶店のレアチーズケーキ。

喫茶店の食べ物ってなんていうか、無愛想でいいですよね。笑

美味しかったです。

 

 

なんだかいろいろと、本当にいろいろと落ち着かない年末です。

来年はもっと余裕をもって過ごせているといいなあ。

そのためにも、今がきっと頑張りどきなのでぼちぼち頑張ってみています。

 

 

とはいえ、頑張りきれずに無闇に停滞して、投げ捨ててしまってばかりのここ数日。

飽きっぽいんだよなあ私。

 

うーん、まあでもそんなこと言ってる場合でもないので、ひとまず年内を目安にもうちょい頑張る所存です。

集中力がほしいよ、サンタさん。

12.13

 

先日レキシのライブに行ってきました。@新木場 Studio Coast

http://instagram.com/p/hvi3IRILcO/

 

 

もうこれで今年のライブは最後かなー。GOODな2013年ライブ納め。

 

 

レキシは二年前にバンドでコピーしたことがあります。

 

とにかく練習が楽しくて、どの曲も笑わずに一曲歌い切れるようになるまでかなり時間がかかりました。YouTubeにあげたその時の動画、今でもたまに見返しては一人でケラケラ笑っています。まじエンタメ。

 

ライブはほぼ最後列であまりちゃんと観られなかったけれど、それでもとにかく笑いっぱなしだったなー。

 

 

 

今年は良いライブにたくさん行けた!!

個人的にはJose JamesとRHファクターが今年のツートップ。

 

何年生きるのかわからないけれど、生涯のうちに一度でいいから(いやほんとは2,3回くらい)本当に死ぬほど感動するライブを生で観たい。

よくYouTubeとかにあがってる「伝説の名演」みたいなのあるじゃないですか。ああいうのね。

 

 

2013年、嬉しいことも悲しいことも人並み程度にはある一年でしたが結局音楽ナシにはそれらすら語れない一年でした。

これだけ無邪気に信じて愛せるもの(音楽)がある人生でよかったなあ。

 

もっとたくさん音楽聴きたいものです。今気になってる音源は年内に手に入れることにしよう。

 

11.28

そうしたくないけれどやめた方がいいこと。やめた方が自分にとっていいこと。
たとえば禁煙とか。

私には多分できないなーと思います。

あれこれ思い悩んで時間を無駄に大量消費する割にはいつも最後の決断がかなり感覚的というか、本能的で。
したいことに素直でいるのは決して悪いことではないけれど、
たとえば禁煙とかね、身体によくないと言われてるものとか、誰がどう見てもやめた方が自分のためになることをやめる方法がまるでわからない。

皆さんそういう時どうしてるの?
どうやって自分をコントロールしているのでしょうか。気になる。

ちなみにタバコは吸ったことないです。



One Flight Down - Norah Jones #nowplaying

音楽でテンションをあげるよりも音楽で心を柔らかくしていたい日。眠いだけかもしれない。

いつかノラを歌いたいなーと、今日の夕方店でこの曲が入ってるレコードを聴きながらふと思いました。

こんな風に、優しくて芯のある歌が歌えるようになりたいなぁ。
個人的にノラの声は結構男前だと思ってます。


ふー。眠い。
明日も早起き予定だし、今日は帰ったらすぐ寝るのだ。